2014年度エキスパートセミナー後記

2014年度エキスパートセミナー

2014年度麻酔科エキスパートセミナーを,12月20日(土)に開催しました。今回も北は埼玉、南は熊本から、61名にご参加いただきました。今年も半数以上が広島県外からの参加者(33名)でした。毎年のことですが、広島在住の麻酔科医ももう少し頑張って欲しいと思います。

今回は、午前中のセミナーを臨床研究棟第4講義室で、午後からのハンズオンを新外来棟5階の会議室1-3で行いました。事前参加登録いただいたメールアドレスを利用して案内の地図を添付書類でお送りしていましたが、昨年とは異なる講義室であったため、迷った方がおられました。来年は、WEBサイト上に地図も掲載したいと思います。

コピペでない英語論文作成法、麻酔科医として知っておきたいワザ、声に出して読みたい麻酔チャート 2014冬、とレクチャー形式の講演を行いました。午後からは、「ぼくがブロックをやめた理由」「体幹部神経ブロックの進歩」というレクチャーをいただいた後、「エコーガイド下末梢神経ブロック」のモデルさんを使って超音波でブロックを行うための画像を描出するハンズオンを行い、終了したのは予定通り17:30でした。

今回の朝一番のレクチャーは「コピペでない英語論文作成法」という、今年話題になったコピペの医学論文に批判を込めた講演でした。エキスパートセミナーの前日12/19に、理研からSTAP細胞が証明できない旨の発表があり、リアルな内容も手伝って、受講生の皆さんからは、気をつけなければいけないという様な声が聞かれました。自分では引用をつけたつもりでつけていなかった、他人の表現を真似したら、そのまま同じ文章を引用もなしに投稿していたなどということがあります。故意に行ったわけではないが結果的にそうなっているのは注意不足です。様々な、英語論文作成に関するノウハウを紹介いただきました。河本先生、ありがとうございました。

森本先生に担当いただいた「麻酔科医として知っておきたいワザ」は、題名の通り麻酔科医として求められるワザをお話しいただきました。元ネタは、同名の書籍「麻酔科医として知っておきたいワザ22(克誠堂出版)」と、ご自身の経験から厳選したネタをご披露いただきました。どのワザも、麻酔科医にとっては必要で、麻酔だけをかけていてはいけない、もっと俯瞰的に物事を見つめなければいけないとのメッセージだと受け取りました。森本先生、いつもありがとうございます。

ランチョンセミナーでは「声に出して読む麻酔チャート」を讃岐と佐伯先生が担当しました。症例を担当した先生(誰が担当したか分からないようには提示されていたが。。。)にとっては、声に出して読まれたくない内容が盛り込まれていました。しかし、こういった症例提示は、実際にあった症例からのフィードバックであるため、心に響きます。今後とも続けていきたい手法でありセミナーであると思いました。佐伯先生、ありがとうございました。

午後からの、超音波ガイド下末梢神経ブロックの講師は、広島で麻酔科医としての手ほどきを受けた後、日本全国で活躍している2名をお招きしました。広島凱旋シリーズです。「ぼくがブロックをやめた理由」を講演いただいた酒井先生は、神経ブロックは患者さんのためにあることを再認識させる内容の講演でした。ブロックを突き詰めていくとブロックができること以上に様々な社会的要因を考えて行かなければならないというメッセージでした。「体幹部神経ブロックの進歩」をご講演いただいた柴田先生は、体幹神経ブロックの様々なバリエーションをご紹介いただきました。コツが随所にちりばめられていて、受講者からもわかりやすいとの評価を得ました。ハンズオンの講師は、午前中のワザをお話しいただいた、森本康裕先生、柴田康之先生、酒井規広先生と末梢神経ブロック登竜門の仕掛け人、上嶋浩順先生、武田泰子先生、滝本佳予先生をはじめ、日本全国の麻酔科医の先生が努めて下さいました。受講者には、末梢神経ブロックに関しては様々なレベルの先生がおられたようですが、自由な形式で質疑応答を加えながら、実際の穿刺時の画像を出して下さいました。受講生の枠としてはハンズオン枠と見学枠に分けていたのですが、十分な時間があったこと、決まったテーマがなかったことなどから、全員が実際にハンズオン枠として参加できたようです。従来とは違った雰囲気がありました。6ブースで講師が5ブース、1ブースは自由スキャンのブースとしました。エコーもソノサイト社のM-turbo、S-nerveやEDGE、最新式のX-PORTEまであり、使い放題、スキャン放題の贅沢な時間でした。講師の先生方、モデルの方々、ありがとうございました。

懇親会は、一昨年までは、講師の先生方をおもてなしするささやかな会だったのですが、どこかのオフ会の様な盛り上がりを見せたため、今年も懇親会を企画しました。麻酔科領域の広島オフ会のノリでした。若い先生方の参加が少ないのが、残念でした。全国から来られている熱い麻酔科医の話がタダで聴ける機会です。懇親会での話題もとても勉強になりました。

来年もまた、冬頃に2015年度エキスパートセミナーを開催予定ですので、WEBでの案内に注意していただければと思います。
県内、県外からの多くの方々の参加をお待ちしています。(担当 讃岐美智義)

2013年度エキスパートセミナー後記

2013年度麻酔科エキスパートセミナーは,今回も北は北海道、南は鹿児島から、ご参加いただきました。今年も半数以上が広島県外からの参加者で、県外からの参加者の比率が昨年にも増して上がっています。広島在住の麻酔科医がんばれ。

今回も立て看板は出しておらず、秘密めいたセミナーの様な雰囲気が漂っていた感があります。事前参加登録いただいたメールアドレスを利用して案内の地図を添付書類でお送りしていましたが、なんと、医学部のメインストリートから会場である第一講義室への道が、工事の壁で閉ざされており、側道の狭い道を見つけるのが大変だったのではないかと思いました。突発的な事態となっており、申し訳ありませんでした。来年も同じ場所で開催する予定です。リピーターの皆さんの参加を期待しているのが見え見えであります。

朝から,論文を書く時の障壁、麻酔科医のためのiPad活用術、声に出して読みたい麻酔チャート 2013冬、とレクチャーが続き,午後からは、「あきらめない末梢神経ブロック」のハンズオン、最後は「かんたん、こだわり麻酔科エコー塾」ハンズオンで,終了したのは17:30でした。濃厚な1日だったと思います。

いつも河本教授には無理難題をお願いしてしまうのですが、今回も「論文を書く時の障壁」などという、無理難題をお願いしてしまいました。結構、楽しんでいただいている様で、熱が入った講演を聞くにつけ来年もお願いしようという気になります。聴衆の皆さんからも、非常によかったとの評価をいただきました。すばらしい講義をありがとうございました。

声に出して読む麻酔チャートは福田先生と佐伯先生にお願いしました。いずれも、かなりきわどい線をついていて、担当した先生からは、声に出して読まれたくない内容が盛り込まれていました。しかし、こういった症例提示は、実際にあった症例からのフィードバックであるため、心に響きます。今後とも続けていきたい手法でありセミナーであると思いました。福田先生、佐伯先生、ありがとうございました。

ランチョンセミナーで企画させていただいた、麻酔科医のためのiPad活用術は、題名の通りiPadを麻酔科医が活用する上での考え方を示した上で、アプリの紹介や讃岐の使い方を実際のiPadの画面を投影して行いました。アプリのダウンロードを早速して活用していただいている先生もおり、手応えを感じました。

午後からの、あきらめない末梢神経ブロックのハンズオンは、新屋先生の執念を感じさせる様な内容が盛り込まれていました。一生懸命さに皆さんも納得でした。また、今回、森本康裕先生が前面に出ず、影で支えてくださったことにも感謝いたします。ブースが2ブース余ったので、突然の森本先生からのご指名で2名の女性のインストラクターをお願いしました。坂本先生、中本先生ありがとうございました。女性のインストラクターだと、なぜだか盛り上がります。この試みは大成功だったと思います。他のセミナーでもこのパターンは使えると感じました。2本目のハンズオンは旭川から鈴木先生と田中先生をお招きして「簡単こだわり超音波」として、気道、肺、胃、ひらめ筋などの臨床現場で知っておくと超お得なセミナーでした。レクチャー、ハンズオンともに盛り上がっていました。セミナー以上に鈴木先生の飛行機の欠航で20年ぶりに夜行バスに乗るなど思い出深いサバイバル旅行になったというお話しも感動を呼んでいました。スライドにも、なぜだかその話題が出てきて、移動中にもスライdドを作り替えていた?その精神に脱帽でした。鈴木先生、お足元の悪い中、夜行バスまで乗り継いで広島にお越しいただき感謝、感激です。ますます、好感度があがりました。大変、大変、大変ありがとうございました。

そうそう、それから、今年から正式に参加者対象の懇親会を始めました。昨年までは、講師の先生方をおもてなしするささやかな会だったのですが、どこかのオフ会の様な盛り上がりを見せたため、今年は、参加者に枠を広げました。こちらも24名の参加で約半数が懇親会に参加され盛況であったことを報告しておきます。やはり、麻酔科領域の広島オフ会のノリでしたね。来年も企画します。オフ会の参加のみも受け付けます。ちがった、懇親会だった。

来年もまた、秋頃に2014年度エキスパートセミナーを開催いたしますので、WEBでの案内に注意していただければと思います。
県内、県外からの多くの方々の参加をお待ちしています。(担当 讃岐美智義)

2012年度エキスパートセミナー後記

2012年度麻酔科エキスパートセミナーは,43名の参加者でした。日本麻酔科学会の専門医試験と日程が重なっていて、参加したいのに残念だとのご意見もいただきました。今回も東は関東地方、西は沖縄から、ご参加いただきました。半数以上が広島県外からの参加者で、県外からの参加者の比率がこれまでで最高でした。知名度が上がっているようで、企画運営する側にとってうれしい限りです。

今回は,道順をしめす立て看板は出していませんでしたが、事前参加登録いただいたメールアドレスを利用して案内の地図を添付書類でお送りしていたので、午前のセミナー会場である医学部第1講義室への到達は比較的容易ではなかったかと思います。

朝から,抄録の書き方,麻酔薬シミュレーターは敵か味方か?とレクチャーが続き,午後からは胃エコーのハンズオン、最後は膝の手術の超音波ガイド末梢神経ブロックハンズオンで,終了したのは17:30でした。濃厚な1日だったと思います。今回は、午前レクチャー2本、午後ハンズオン2本で例年に比べて少し時間が短めだったのですがいかがだったでしょうか。

抄録の書き方の話は、はじめて聞いた、ここまでしなければいけないなどと意見も多く、非常によかったとの評価をいただきました。皆さん、熱心にメモも取られていて感心の高さが、うかがえました。すばらしい講義をありがとうございました。
ランチョンセミナーで企画させていただいた、麻酔薬シミュレーターは敵か味方か?は麻酔専門医クラスの先生なら実践できていることですが、研修医や後期研修医に指導するときに役立つポイントを含めました。この講演で力を入れたのは、どう教えるか?ということです。研修医の先生も指導医の先生も楽しめる内容にしたいと言う思いがありました。

午後からの、胃エコーのハンズオンは、本邦初の試みであったと思います。共催のソノサイトさんもこのようなセミナーを他にお手伝いしたことがないとおっしゃっていました。12月の日本産科麻酔学会でも胃エコーのセミナーがある様です。エキスパートセミナーが先にハンズオンを実施したので日本新記録ですかね。レクチャーやハンズオン内容に関しても、驚きと関心の言葉を参加者の皆さんにいただきました。桜井先生、三村先生ありがとうございました。最後のハンズオンは酒井先生をお迎えして、超音波ガイド下末梢神経ブロックの膝の手術に関する講演とハンズオンをお願いしました。これまでのセミナーとは違って、膝の手術だけに絞り術式別に、術中のポイントと術後鎮痛のポイントも解説いただきました。また、ハンズオンも術式に即した内容にしていただきました。これもまた、レクチャー、ハンズオンともに盛り上がっていました。ハンズオンは森本先生にお手伝いいただき2名の講師で行いました。実りあるセミナーにしていただきました。

来年もまた、秋頃に2013年度エキスパートセミナーを開催いたしますので、WEBでの案内に注意していただければと思います。
多くの方々の参加をお待ちしています。

2010年度第1回エキスパートセミナー後記

2010年度第1回麻酔科エキスパートセミナーは,61名の参加者でした。大阪のJB-POT経食道心エコー講習会と日程が重なっていて、参加したいのに残念だとのメールも数名からいただきました。毎回、広島県外からも多数、ご参加いただき、講師もやりがいがあります。今回も東は関東地方、西は九州から多数、ご参加いただきました。
今回は,道順をしめす立て看板を出したこともあり、医学部第2講義室への誘導は比較的容易ではなかったかと思います。
朝から,輸液の話,医師のための必須PCスキル,声に出して読む麻酔チャートとレクチャーが続き,最後は超音波ガイド下のCV穿刺のハンズオンで,終了したのは18:00すぎでした。濃厚な1日だったと思います。
輸液の話は、これだけの話を90分で聞けたのは非常によかったとの評価を聞きました。濱田先生、すばらしい講義をありがとうございました。配布されたプリントも余分に持って帰って、友達に配布するという方がいたのもうれしく思いました。是非、次回は誘い合わせて来てくださいね。プリントだけでは理解しにくい内容も、その場で聞くとよくわかりますからね。
ランチョンセミナーで企画させていただいたPCスキルは、無線LANが接続できず実演ができませんでしたが、若手の先生には受け入れやすい話ではなかったかと思います。次回は、インターネット接続環境に注意したいと思います。
午後からの、声に出して読む麻酔チャートは後期研修医の先生には非常に好評でした。福田先生の語りとORSYSチャートの提示で、他人が経験した麻酔症例を勉強できたのではないかと思います。次回も、安佐市民病院麻酔・集中治療科の田中裕之先生に、同じ企画でお願いしています。若手の先生、後期研修医、初期研修医クラスの先生にはお勧めです。
最後のハンズオンは、川鉄千葉病院の徳嶺先生をお迎えして、エコーガイド下リアルタイムCV穿刺をシミュレータを使ってトレーニングしました。受講者の方々の熱心な姿勢に、徳嶺先生も教え甲斐があったと喜んでいただきました。本当にハンズオンで学んだことを実際の臨床に生かしてほしいと思います。また、エコーガイド下のリアルタイムCV穿刺が、いかに難しいかが体感できたのではないかと思います。学んだことを忘れないように日々トレーニングを継続してください。
次回は、12月4日(土)です。臨床に役立つ統計の話、OPEN TCI(仮題)、声に出して読む麻酔チャート、気道確保困難対策です。気道確保困難対策は、いろいろなデバイスが発売されピットフォールも変化していますので、今一度、ブラッシュアップが必要だと考えって企画しました。たくさんの方々の参加をお待ちしています。

2009年度第2回エキスパートセミナー後記

第2回麻酔科エキスパートセミナーは,71名という過去最高の参加者数となりました。朝から,麻酔科領域のガイドライン,パルスオキシメータの数学的考察,バランス麻酔の序破急とレクチャーが続き,最後は超音波ガイド下の末梢神経ブロックのハンズオンで,終了したのは18:00すぎでした。濃厚な1日だったと思います。
今回は,会場が当初の予定と異なり,わかりにくかったと思います。次回からは,案内図を添付したいと思います。また,道順をしめす必要があると思いました。反省点です。
初期研修医の先生からエキスパートの先生まで,幅広い層の参加でいずれの層の先生もそれなりの立場で,楽しめるエキスパートセミナーを目指します。来年のエキスパートセミナーにもご期待ください。来年は100名を目指します。
今回の参加者の皆さんには,レクチャーの内容をダウンロードできるようにいたします。パスワードを参加者宛にお送りしますので,もう少しお待ちください。復習もできるエキスパートセミナーです。