約束

処遇等の決定は調整委員会で行いますので、従来の入局という形態ではありません(入局は不要です)。麻酔科専門医を養成するために、本人の希望に応じて調整委員会で研修先を決定します(医局人事とは違います)。

研修中のルール

特に、ネットワーク内の共通の取り決めはありません。各病院の取り決めに従って行動してください。なお病院間の異動によって身分・名称が異なる場合があります。

 

日本麻酔科学会への入会と医師賠償責任保険

専門医を取得するためには日本麻酔科学会の会員資格が重要です。コース開始と同時に入会をしていただきます。また、麻酔科医療を行うものとして医師賠償責任保険に加入することを義務づけます(いずれも写しを調整委員会に提出して戴きます)。

中途参加

卒後3年目の後期研修医を新規研修者として受け入れるのが前提ですが、卒年の古い方の中途参加も可能です。その場合、経験症例数を調査後に目標症例数を設定します。1年のみの参加も同様です。ご相談ください。

コースの変更

途中でコースの変更も可能です。希望があれば調整委員会にコースの変更を申請してください。

中断と復帰

妊娠や出産、その他の事情でコースを中断する場合も、復帰が可能です。必要なスキルを定めていますので、それらが達成できるように復帰を保証いたします。